◆経営理念

「人が、人としての尊厳を保ちながら、
身近な地域で自立した生活が営めるよう支援します。」

法人は、地域社会の中で福祉を必要とするすべての人が、法人・職員のもつ情熱と真心により、個人の意志と尊厳が保障され、自立のためのサービスを享受できるよう支援します。

また、法人は、社会福祉事業の主たる担い手として、法人が経営する事業を確実・効果的かつ適正に行うため、自主的に経営基盤を強化するとともに、事業経営の透明性を確保し、利用者の満足度を高めるために、常に提供する福祉サービスの質的向上に努めます。

 

◆経営ビジョン(未来像)

法人は、福祉事業に軸足を置きながら、経営の健全性と透明性を確保し、その他の公益的事業等についても積極的に取り組んでいきます。

(1)在宅福祉を基本とする生活支援

地域のニーズに応え得る在宅サービスを推進するため、社会福祉法、介護保険法、障害者自立支援法等の法令を遵守し、アイディアを生かした生活支援型サービスの提供に努めます。

(2)福祉ニーズを的確に把握しての福祉推進

地域住民の福祉ニーズの総合的な把握に努め、高齢者、障害者等に対する施設の設置・経営等を含め、有効かつ適切なサービスの提供に努めます。

(3)地域を拡大しての事業展開

豊島区を中心に事業展開を図るとともに、他の地域においても要請とチャンスがあれば積極的に参画し、それぞれの地域における福祉事業の展開を図り、真に地域住民の福祉向上に寄与できるよう努めます。

 

◆基本戦略(経営方針)

法人の未来像の実現に向けて、お客様中心の改革を進めます。

1 お客様中心主義への改革

「生きがいのある充実した生活とは…。」の問いを原点に、「こんなサービスがあればいいな」というお客様の声を起点としたサービスの開発に努めます。

2 創造的な事業展開

新鮮かつ、健全な経営感覚に基づく組織体制を確立し、創造的な事業展開と改革を進めます。