corp01 facility01_1 recruit01 map01 mail01 arrow03 arrow05 pdf01 arrow04 facility03 facility04 facility05 facility06 facility07 pagetop tel01 arrow01 arrow02 facility01 facility02 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

文字の大きさ

03-5949-5995

9:00~17:00 平日(年末年始を除く)

スタッフインタビュー

社会福祉法人フロンティアでは、一緒に働く仲間を募集中です!
お気軽にお問合せください。

各施設で活躍する職員を紹介しています。
今回は「新規学卒者」「未経験転職」「育休復帰」「リターン」「定年再就職」という場面での紹介です!

新規学卒者

新規学卒者01

新卒採用、ご利用者からの「ありがとう」が嬉しい

特別養護老人ホーム 介護職員
矢島 翔太

どうしてフロンティアを選んだのですか

学校に来ていた求人票を見ていて、フロンティアの求人で「キャリア形成や資格取得をバックアップする」と書いてあったことが決め手になりました。

就職することの不安や戸惑いはありましたか。それをどのように解消しましたか

亡くなった曾祖母が施設に入っていたので、少し手伝っていたことがきっかけで、家 の近くの高齢者施設にもボランティアに時々行って配膳や話し相手などをしていました。だから、身近な職業として感じていました。でも特養は初めてだったのでそういう不安がありましたが、就職を決めたからには慣れていくしかない!と覚悟しました。
仕事を始めてからは、わからないことや疑問に思ったことを先輩職員に聞きながら、少しずつ経験を積んだことで不安の解消とは言えないですが、仕事できているように思います。

就職してみて、どんなところにやりがいを感じますか

会話することが楽しいことと、ご利用者の行動がわかってきたこと、ご利用者から「ありがとう」と言われることに今はやりがいを感じています。意思疎通のできない方もいるので、相手の気持ちを考えて推測しながら仕事をするようにしています。

将来自分はどんな職員になっていきたいですか

早く一人前に仕事ができて、先輩職員から信頼されるようになりたいです。今はまだ夜勤をしていないので、これから夜勤も経験してご利用者の24時間をしっかり見て、介助する時にも悩まないで対応すること、チームでケアしていくために全体を見て協力し合うことができるようになりたいと思っています。

これから就職活動をされる学生の皆さんに一言お願いします

新規学卒者02試験を受ける時に緊張すると思いますが、フロンティアは試験官も笑顔でリラックス させてくれるので、ありのままの自分を出してみてください。それから健康管理が大事だと思います。頑張ってください!

未経験転職

未経験転職01

他業種からの転職、未経験でスタートしました

特別養護老人ホーム 介護職員
清水 綾乃

以前の仕事は

最初は自衛隊に10年、その後暫く家にいて、次の仕事は民間企業で営業事務を6年やりました。自衛隊は、制服が格好良かったので単純に海上を選びました(笑)。

福祉の仕事につくきっかけは

退職後、祖父母が相次いで入院したのですが、祖父の主治医から「認定調査は受けていますよね?」と言われ、何のことか全く意味がわからなくて。それで聞き返したら今すぐ受ける手続きをするように、と言われて話を聞きに行ったのですが、自分が「介護」について制度やサービスなど何も知らないことに気付いて…祖父母だけでなく、将来的に両親に必要になるかもしれないですしね。
そんなことを思いながら、仕事もまた始めようと思ってハローワークに行った時に目の前に『介護をしませんか』というポスターがあって、それを何気なく見ていたら興味があると思われたようで、担当の職員さんに声をかけられたんです。それで、介護について何も知らなかったことを話したら、東京都の介護職員初任者研修資格取得支援事業を案内してくださいました。無料で受けられて基礎的な知識も得られるならやってみよう、と思って軽い気持ちで始めたのですが、やっているうちにいろいろ興味も湧いてきて…そんな時に祖母が退院してきたので勉強したことを話したり口腔体操をしてみたりしました。初任者研修を無料で受講する必須条件になっていた3日間の介護職場体験はデイサービスで、始めはとても緊張しましたがご利用者が話しかけてくださったり、レクリエーションをお手伝いしたり、結構楽しく3日間を過ごすことができたので「やってみよう!」と思って就職を考えました。

フロンティアを選んだ理由は何ですか

家から近いところを考えてはいたのですが、見ただけでは全然わからなくて。いくつか就職説明会は行っていたのですが、東京都福祉人材センター主催の合同就職説明会に参加した時に最初に声をかけてくださったのがフロンティアでした。そこで私が思っている不安を話したり、質問に1つ1つ丁寧に答えていただき、家の近くにある法人の施設を紹介されました。実際に行って見学してみると、職員の皆さんが明るく「こんにちは!」とあいさつしてくださったり、ご利用者もニコニコと笑顔だったので雰囲気が良いなぁ…と感じました。家から近いし、この2点が決め手ですね。

現在の仕事に前職が役立っていることはありますか

シフトに適応できる体力かな?(笑)。前職の営業事務ではお客様や電話の対応が多かったのでコミュニケーションスキルが役立っているように思います。

未経験で飛び込んだ福祉の仕事は実際に働いてみていかがですか

未経験転職02初めは一言、大変でした…(笑)。毎日業務としては同じことをやっていますが、ご利用者の体調は毎日違うので、その対応の仕方も違ってくる。それに、イレギュラーなことも入ってくる。でも、それを全部やっていたら終わらないので何を優先していくのか、対応力や判断力が求められます。人対人の仕事ってそういうことなんですね。仕事を覚えながら対応しなければいけなかったので大変でした。
入職して4年くらいですが、人生で初めて救急車に同乗しましたし、救急車を呼ぶまでの救急隊員とのやり取りがあることも初めてわかりました。先輩方に教えてもらいながら、そういったいろいろな経験を積み重ねてきて今は少し心の余裕を持てるようになったので、イレギュラーなことにも焦らずに対処できるようになってきたと思います。本当は焦っているんですけど(笑)。
大変な仕事ではありますが、やりがいがあるので辞めたいとか行きたくない、と思ったことは一度もありません。ご利用者とお話ししたり一緒に植物を育てたりしている時の嬉しそうなお顔を見ると「やって良かった」と思います。絵を書いたり装飾品を作る時も、ご利用者が「こうした方がいいわよ」って教えてくださったりして、お一人お一人の得意な部分を発見できたりするのも楽しくて、私の中ではそういう面がとても大きく占めているので続けられていると思います。
それから、「ああすれば良かった」「こうしたら良かったのではないかな」と自問自答する時もあるのですが、そういった思いを話せる職場なのでアドバイスをもらえたり、違った視点に気付かされたりして助かっています。
ご利用者にとっては、第二の人生をこの施設で過ごされるので、少しでも穏やかに楽しく、そしてご自分らしく毎日を送っていただけるようにと思いながら仕事しています。

育休復帰

育休復帰01

育児休業から復帰して頑張っています

デイサービス 介護職員
関口 綾姫

お休みした期間はどのくらいですか

約2年半です。妊娠4か月の時に多胎妊娠で特有の症状が出てしまって手術が必要になったので、予定の産前休暇よりも早く休業に入りました。即入院・即手術、さらに出産まで絶対安静の寝たきりでいなければならなかったり、子どもも超未熟児で生まれたため半年ほど入院したりで…。本当は1歳から保育園に入園する予定で、私は復帰するつもりでいたのですが、子ども達は新生児集中治療室に入院していたので他のお子さんよりも免疫力が低いから、医師から2歳までは保育園や公共の場所には行かないようにと言われ、育休を1年延長してもらいました。

復職してみてどうですか

一安心しています。先ほど話したような状況だったので他の人から比べたらとても早い時期からお休みをすることになってしまい、職場にかなり迷惑をかけてしまったという気持ちで一杯でした。妊娠がわかってから、シフトの変更や勤務時間を短くしてもらうなど、いろいろなサポートをしていただいていた矢先に入院しなければならなくて、しかもあいさつもできずに急に休みに入ってしまったので…。
それに子ども達もそんな状態でしたし、退院してからも双子だと私一人では出かけるのも大変で、ほぼ家に引きこもりのような感じでしたから、社会から取り残されたような焦りも感じていました。だから、復帰が決まった時は社会と繋がれる安心と、仕事で少しでも恩返しできるという思いで一安心しました。
親や周りの人からは「いい環境を準備してもらえて良かったね」と言われました。クビも覚悟していたので、確かにそうだなあ、と思って…だから、大変でも辞めるのではなくて「ありがとう」という気持ちで仕事させてもらったら、と夫からもアドバイスされました。
一緒に働く職員皆さんから暖かい言葉をかけてもらったり配慮してもらったりして、きちんと対応していただいた職場のおかげで子ども達が無事に生まれたと思います。本当に感謝の気持ちで一杯です。

子育てと仕事をどのように両立していますか

両立と言うには思うようにできていないですが、「仕事」と「通勤時間」は自分と向き合う時間であり唯一一人の時間、「子育て」は子どもと向き合う時間であり子ども優先の時間、という考え方で過ごしています。どちらの部分でもストレスは出てくるんですが、仕事のストレスは子どもとの時間で癒され、子育ての疲れは通勤時間を活用したり職場で大好きなご利用者と接する時間で気持ちを切り替える感じでバランスを取っています。通勤時間も1時間半くらいかかっていて、友人からも「長くない?」と心配されていますが、都内が好きだから、憧れの東京(笑)に出てくることでオンオフを切り替えられるので、そのことも家族に話して「可能な限りこの職場で頑張ってみたら」と応援してもらっています。

ママとして働く職場はどのようなサポートがありますか

育児短時間勤務制度を利用していて、時間内に仕事が終わるように職員が声掛けや手助けをしてくれています。そして、仕事に行かせてくれる家族や困った時・行き詰った時に相談できる友人・先輩達がいて、保育園の先生方のサポートがある…自分は一人じゃない、たくさんの人にサポートしてもらえている、と思って感謝しています。
職場で、帰る時間になると「時間だよ、子どもが待ってるよ」とみんなが言ってくれるのでありがたいのと同時にいいのかな、とも思ってしまうのですが、できるところを頑張って仕事して、あとは甘えさせてもらっています。どうしても時間内に終わらない時は周りの職員にできていない部分を伝えて帰ったり、夫の両親にお迎えをお願いして残って仕事していく時もあります。
送迎バスの道順と時間を組む担当なんですが、短時間勤務の関係でバスには全く同乗していないので道も知らなかったりご利用者のお宅の場所もわからない状態で…でも実際に送迎に出ている他の職員やドライバーの方が細かく教えてくださるので相談しながら組んでいます。そういう面でも本当に助けられています。

お子さんとの時間はどのように過ごしていますか

育休復帰02まず、公休日前日に「明日は何をしようかな」と考えるのが楽しみです!そして、保育園での遊びを真似したり参考にして家でもやってみたり、普段通らない道をゆっくり散歩したり、美味しいものを食べたりして過ごしています。必ずやることを1つ作って、その目標をちゃんと達成してから休みを終えるようにしています。例えば子どもの真似をして部屋を思いっきり散らかす、とか子ども達は落書きが好きなので思いっきり画用紙に絵を書く、とか。たくさん書けるように、最近模造紙を買いました(笑)。それから、疲れていて朝起きるのが遅くなったり、昼寝の時間が長くなったりして遊ぶ時間が少なくなってしまった時には、簡単なおやつを一緒に作っています。ポップコーンを作った時は、出来上がりまで子どもを両脇に抱えて一緒にワクワクしながら見ていました。
せっかく授かった二人の子どもなので、一緒にいる時間を大切にして過ごしていきたいと思います。

リターン

リターン01

リターンしていろいろ気付きました

デイサービス 生活相談員
高木 龍一

フロンティアでまた働こうと思ったきっかけを教えてください

まず、退職した理由ですが、デイから特養への異動で夜勤をすることになり、若い時にがむしゃらにやってきたので、本当にやりたいこと・自分のスキルを活かせることは何か、を見つめ直したいと考え始めました。そんな時に他の法人から特養の生活相談員をやらないか、と声がかかって自分の力を試そうと思い決断しました。でも、新しい職場でも暫くは現場に入ってほしいと言われ、結局夜勤をすることになってしまって…やっぱり「これは違う」と。それでハローワークや東京都福祉人材センターの求人を見たり、相談会に参加して現在の自分の状況や悩んでいることを話しながら仕事を探しました。求人はやっぱり特養が多くて、自分がやりたい仕事にはもう出会えないのかな、とモヤモヤしていた時にフロンティアで以前に勤務していた事業所の園長から「もう一度一緒に働かないか」と声をかけていただいたことがきっかけです。

フロンティアの良いところは

実施している事業の幅が広いので、一度退職した人でも、その人の思いやスキルを活かすように考えてくれるところですね。これは退職しなければ気付かなかったことでした。
いつでもウェルカムな雰囲気で、退職した時の職場の職員も戻ってきたことを喜んでくれ、声をかけてくれたことにほっとしています。
それから、事業所数がたくさんあるので異動するだけ仲間が増え、仕事で困っている部分もいろいろな職員に相談したり協力し合うことができるのも魅力です。当時は「また異動か…」と思ったりしましたけどね(笑)。

自分の思いを活かせていますか

デイサービスに再就職してみて、介護や介護支援専門員のスキルを活かせていると感じているので、今とてもやりがいがあります。ただ働いて疲れる、というのではなくて充実感を得られている感じがします。
再就職の雇用形態が「契約職員」ではあったのですが、例えば体力的に夜勤はできない、など働く上で自分ができること・できないことが整理できたことで気持ちもすっきりして働けています。
精神的な余裕が持てるようになったのか、今までは「こんなに一生懸命やっているのに」と思ったりしたことも、「自分に何が足りないのか」を考えるようになり、仕事への向き合い方も変わったと思います。

これからの目標は

認知症対応型デイサービスで求められる生活相談員の役割を突き詰めるために、特養での介護経験や居宅介護支援事業所でのケアマネジャー経験を活かして、ご利用者が在宅で生活し続けられるようにしていくこと、またご家族へのケアとともにご利用者に関わるケアマネジャーや他の事業者も含めた全体像を常に意識した動きができる生活相談員になれるようスキルを上げたいと思っています。

就職を考えている方へ一言

リターン02自分の関わり方一つで、ご利用者が心を開いてくださったりそうでなかったり…大変な仕事ではありますが、それを繰り返して信頼関係が作れたり、ご利用者やご家族の本当の思いに気付けると嬉しくなります。ご利用者のみなさんは人生の大先輩なので、関わっていくことで仕事の面だけでなく自分の人生経験が豊かになると思います。また、様々な人との繋がりができていく面白さがあります。そういった醍醐味を感じてもらえる魅力的な仕事ですから、仲間になって一緒に頑張りましょう!

定年再就職

定年再就職01

長い人生、これからも充実させたい

入所施設 事務員
三浦 公之

以前の仕事は

民間の会社でずっと経理を中心に、後半7~8年は総務もやりました。

どういう経緯でフロンティアに就職したのですか

施設の近くに住んでいて、町会にも関わっていたので存在は前から知っていましたし、町会の行事では一緒に開催するものもありました。
町会の集まりがあった時に、事務員を募集していることを知って応募しました。

民間会社と福祉施設とでは働く環境が違うように思いますが、仕事をしてみてやりがいを感じる点はどこですか

働く環境としては民間会社であっても福祉施設であっても、業種に関係なく集中してできるように…と思って自分では仕事しているので、できた時にやりがいを感じます。現在も総務的なものやご利用者に提供したサービスの利用料請求事務など、数字を扱う仕事をしているので今までの経験を活かせているように思います。ただ、職場があまりに近くなったので歩かなくなりました(笑)。通勤時間が短いのは楽ですね。

事務は「縁の下の力持ち」的な仕事ですが、利用者の方との接点はどんな時にありますか

ここの施設は入所事業だけでなく、通所されているご利用者もいるので、朝の登所時にあいさつしたり、日中も顔を合わせた時に話をするようにしています。名前を覚えてもらえるとやっぱり嬉しいですね。それから、今は宿直に月2回入っているので接する機会が増えました。最初の宿直でいきなり救急搬送があって初日からフロアで留守番したり、出ていきそうなご利用者を追いかけたり…ね。
事務は現場の職員が働きやすいようにすることだと思っていますので、そういった協力も大事ですね。

第二の人生をどのように過ごしたいですか

定年再就職02第二の人生と言っても、今は人生そのものが長くなったので仕事もプライベートも充実させたいです。そういう点でも通勤がないというのはありがたいです。その時間を仕事であったり、やりたいことであったり、ぼーっとしたり…(笑)。他に活用できますから。
ここで焼いているパンを以前勤めていた会社で販売できるようになって、もっとたくさんの人に知ってもらえたらいいなあ…と夢を描いています。

施設長からのメッセージ

特別養護老人ホーム 池袋ほんちょうの郷 施設長

 

特別養護老人ホーム池袋ほんちょうの郷 施設長
山内 雅代(社会福祉士 精神保健福祉士 介護支援専門員)

私たちは、普段ご利用者や職員仲間に対して感じている強みや弱みの部分が、その人の持つ個性であり、自分にも同じように強みや弱みがあることを自覚した上で、「相手にきちんと向き合い、寄り添える人」を求めています。
たとえ未経験の方でもプロフェッショナルとして育てる、バックアップ体制が万全に整っています。
育児・介護休暇も含めた休み方や福利厚生に関しては、誰もが働きやすい職場であることを重視していますし、何より私たち自身が社会の一員として働いていることを認識しながら、これからも時代に合った取り組みを、どんどん実施していきたいと考えています。
成果は必ずついてくるので、どうぞ安心して私たち「フロンティア」の扉を開いてください。